お役立ち情報

水商売OK物件の注意事項@賃貸契約

不動産仲介業者の中には『水商売OK』と宣伝している業者がありますが,利用する際は慎重に判断をする必要があります。
まず,水商売可の物件は管理会社が足元をみてくるので賃料,仲介料,更新料など,すべてにおいて割高に設定されています。
一般的には20%から25%増しが相場ですが,3割増という場合もあります。
通常であれば賃料10万円の物件を,賃料12万で借りた場合,年間で24万円増となります。
更新の2年満期まで借りた場合は48万円を余分に支払うことになります。
これを高いと感じても,一度仲介業者に相談をしてしまうと,大半の方は流れに任せて契約してしまいます。
更新料も割高となりますが,不動産業界では,礼金や更新料の半分は管理会社の利益となります。
余談ですが,礼金・更新料には何の対価性もありません。

2点目の注意点ですが,『水商売OK』には,仲介業者がアリバイ会社を紹介して契約をする場合を含みます。
通常であれば,職業を水商売と申告しても審査が通るという意味に捉えますが,実際水商売OKと謳ってアリバイ会社を紹介する仲介業者もあります。
当然アリバイ会社の利用料金は中抜き・キックバックは当たり前なので,ご自身でアリバイ会社を利用するよりも割高になります。

記事一覧に戻る