お役立ち情報

金融審査の信用情報と携帯電話料金

最近では携帯電話を分割払いで購入して,通話料を一緒に購入代金を支払うのが主流です。
アイフォンなどは10万円を超えるのでドコモやソフトバンクなど携帯電話会社は初期費用0円を謡って分割購入を勧めています。

しかし,携帯電話を分割払いで購入すると信用情報機関に与信情報が登録されるのはあまり知られていません。
これは携帯電話という物品を分割払いで購入したということなので,信用情報では『個品契約』という属性で登録されるのです。
※たんに電話料金だけの延滞であれば信用情報には登録されません。

返済は毎月の電話料金と合算して支払うことになりますので,借金を返済しているという感覚はないと思いますが,ショッピングローンであることに変わりないので,返済が遅れると信用情報に傷かついてしまうのです。

電話料金と勘違いして少しくらい遅れてもいいと思ってはいけません。
在籍確認代行のサービスを使っても金融会社系の保証会社の審査に通らない方はもしかしたら信用情報に問題があるのかもしれません。

(与信情報の登録事項)
https://www.cic.co.jp/mydata/report/documents/kaijishosai.pdf

記事一覧に戻る