Words -用語説明-
総量規制について

「総量規制」とは、借り手の年収を基準とした借入枠を設定する制度です。
多重債務や身の丈以上の債務を防止するのが目的です。
消費者金融会社、事業者金融会社、クレジットカード会社、信販会社というノンバンクから借りるローンやキャッシングが対象です。

「総量規制」の主なポイントは、次のとおりです。
・行為規則の強化 ・指定信用情報機関制度 ・貸金業務取扱主任者資格試験 ・総量規制 ・出資法の上限金利引き下げ

このうち具体的に、利用者にとって特に重要なのは次の2点です。
(1)キャッシングなど無担保ローンは、年収の3分の1までしか借りられない
(2)貸金業者1社からの借入額50万円超の場合、または複数の貸金業者からの借り入れ合計が100万円超の場合、年収等を証明する書類提出が必要 総量規制の導入にあたって「指定信用情報機関制度」が創設されます。これにより複数の貸金業者間で1人の顧客の借入情報が共有され、他社での借入残高が把握されるようになります。

例えば、年収360万円の場合、3分の1である120万円が上限となります。
既に100万円を借りている場合は、新規で20万以上は借りることができません。

<総量規制の対策について>
年収の確認は、源泉徴収票で確認します。また、信用情報機関に年収は登録されません。
例えば、既に借りている金融会社Aに年収360万円と申告してしまっていても、新規で借りる金融会社Bに年収460万と申告したとしても大丈夫ということです。

利用中のカード会社から源泉徴収票の提出を求められたが、
① 現在の会社の源泉徴収票では年収が足りない
②退職したなどの理由で源泉徴収票が用意できない場合
③主婦の場合
このような場合であっても、年収の確認は法律上必要な形式上の手続きなので、申込書に記載した会社と違う会社の源泉徴収票を提出しても基本的には問題はありません。ただしアメックスなど、一部のカード会社は再審査になる場合もあるようです。


総量規制の対象外になるもの

クレジットカードのショッピング限度枠は総量規制の対象外です。キャッシング枠のみが対象になります。
その他には、銀行ローン、車のローンは対象外になります。