Words
アリバイ会社ランキングサイト管理者がお届けするレポート
アリバイ会社の過当競争

アリバイ会社の数は多いようで実際はそう多くはない。
サービス内容は基本的に、在籍登録と書類作成という点ではどこも同じといえる。 
異なるのはサービスの質。 サービスの質とは、使用する在籍会社の客観的な信用力、対応の迅速さなどがあげられますが、一番大事なのは「誠実さ」であると思います。
当たり前のことかと思うかもしれませんが、一部の不良業者のせいで、この当たり前のことが当たり前でないと、不振がられるのがこの業界。
ある業者などは、申し込み手続きをしたら、「お電話でご相談を承りますので番号を返信ください」とメッセージが来たので、「メールでお願いします。」と返信したところ、その後音沙汰なし。 
入金前と入金後で対応が変わるところも・・

これは一部の業者の例ですが、だからといって全部のアリバイ会社がそうだとは限りません。
業者同士がお互いを意識して引き離そうとすることでサービスの質は向上していくのが競争原理。
例えば、
常に差別化を図るため画期的なサービスを提供し、業界のリーディングカンパニーを自負するABYアムロ
そしてこれを抜こうと必死のフェイスサポート
両社のように質で競い合うのは、結果としてユーザーにとっての利益になる。大いに競い合ってほしいものである。

しかし、アリバイ会社と検索すると、ブログを量産し、他社を批判することで自社を引き立てる宣伝しているところもあるが、競争とは、相手を批判するのではなくサービス内容を競うものであり、相手を批判するのは他社を上回るサービスができないことの証左である。 

人の批判しかしない人をあなたは好きになれますか?